老犬が寝たきりになった場合の正しいケアと介護方法!飼い主の覚悟について

あんなに元気でわんぱくであった愛犬が、年と共に弱ってくると、切ないような寂しい気持ちになりがちですね。

長い年月家族として楽しく暮らしてきたことを思うと、老犬になった犬の介護も飼い主の責任です。

たとえ寝たきりになっても可愛い愛犬には変わりはありません。
正しい介護で、少しでも楽に過ごさせてあげたいですね。

そこで、今回は寝たきりになった老犬の正しい介護の方法をご紹介したいと思います。
役に立てて頂ければと思います。

寝たきりになった場合に起る床ずれについて

犬も人と同じように寝たきりになったとき、気を付けなければイケないのが床ずれです。

床ずれとは、寝たきりになった体は動かすことができないため、寝返りができません。
そのため、骨が出っ張ってくることがあります。

このような状態が続くことにより、床や寝具などに触れている部分にのみ体重が掛かることにより、体の一部が圧迫され続けて血行が悪くなります。

血行が悪くなると、組織が壊死することを床ずれと言います。

床ずれは、皮膚正面の組織が壊死するので、皮膚は破れ穴が開いたような状態になります。進行すると、骨まで見える様になるまで進行します。

床ずれになりやすいと言われているのは、大型犬や中型犬で、特に痩せている犬がなりやすいです。

重症になると、非常に治りにくくなり時間が掛かるため、寝たきりになった場合、その予防が必要です。また軽症のうちに発見して悪化させないようにすることが大切です。

床ずれの進行状況

床ずれを起こす時には、すぐに重症化する訳ではありません。
徐々に進行して行くのですから、早期に発見して手当てをすれば、軽度で食い止めることができます。

その進行状況として見受けられるのが、

  • 圧迫されている部分の被毛が擦り切れたり、抜けて薄くなる。
  • 怪我薄くなった部分が赤くただれている。
  • 赤くなった皮膚が水ぶくれを起こし、放置していると水ぶくれが破れる。
  • 破れた皮膚がタダれジュクジュクしてくる。

このジュクジュクしているのは、膿が出ている状態で、犬の取っても大変傷みがある可哀想な状態だと考えましょう。

サインを発見しても、時間を置くとどんどん進行して行くこの床ずれです。
床ずれのサインを見逃さずに、早期に発見して、病院を受診しましょう。

床ずれの予防方法

床ずれは、一度できると治り具合が悪く、できるだけ床ずれを作らないことが大切です。
どのような方法で床ずれを予防する事できるのでしょうか?

定期的な体位変換をする

寝たきりになると、自力では体を動かすことが出来ません。
介護する人が、定期的に向きを変えてあげることが必要です。

定期的に、体の向きや体位を変えてあげることで、圧迫部分の血流の回復ができます。

体重の重たい、中型犬や大型犬は寝かせたままであると、背骨に負担が掛かります。
姿勢を変えるときには、できるだけ背骨に負担掛からないようにしてあげましょう。

ベッドのマットなどを改善する

可能であれば、犬介護用の床ずれ防止ベッドなどを購入してあげることです。
この床ずれ防止ベッドは、体の圧迫を分散したり、衛生面にも考慮されています。

しかしながら、床ずれ防止ベッドで寝かしていても、床ずれになりやすい場所には、
ドーナツクッションをあてがうことで対処ができます。

このドーナツクッションですが、老犬介護用に売られているものも有りますが、
タオルをねじってドーナツ型にすることで、応用できます。

清潔を心掛ける

寝たきりの状態になると、排泄物にも配慮が必要になります。
漏らしてしまうなどを考量して、ペットシーツなどを事前に敷いておくと良いでしょう。

オムツの場合はこまめに交換してあげることも重要ですし、毎日、皮膚の状態を観察しましょう。

マッサージの効果

寝たきりになった老犬は、血行が悪くなり、血液やリンパの流れも滞っています。
そのため、マッサージをしてあげることで、床ずれ予防にも効果が見られます。

むくみがちな前肢・後肢を下から上に向かってマッサージをします。
この場合、心臓に向かってマッサージをすることが大切です。

あまり強すぎず、撫でる様にしてあげると効果が見られます。

家庭での処置方法

床ずれを早めに見つけて、医師に診てもらうこと治癒が望めますが、
壊死してからの治療になりますと、介護する飼い主も大変です。

壊死した部分には皮膚のニオイでハエが集まってきたり、ハエが卵を産みウジがわく場合があります。

壊死した部分にはハエがたからない様に、傷口を覆っておく必要がありまし。

壊死した部分にウジが湧いているのを見ることになると、かなり気丈に世話をしている飼い主でも逃げ出したくなる気持ちが湧いてくることも考えられます。

しかしながら、犬を飼い始めるときに、一生この犬の面倒を見ようと決めたのではないでしょうか?

若い元気なうちだけ遊んで、介護が必要になった今、放置するようでは飼い主失格です。
人間と同じように、犬も老犬なり介護が必要になる日があります。

どうか犬を飼い始めるときには、年老いて老犬になった時のことも想像してみましょう。
最後まで責任を持って世話することの覚悟が飼い主には必ず必要ですあると思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA