老犬だって散歩は大好き!老犬に無理のない散歩や運動をさせるメリット

愛犬も高齢になって来ると、大好きであった散歩を億劫がり、行きたがらないことが増えてきます。

しかしながら、放っておくと筋肉量が落ち、ますます散歩などの運動が嫌いになります。

できれば、老犬になっていても、無理の無いように散歩に出かけて、運動量を増やしてあげてください。

今回は、そんな老犬の散歩や運動についてご紹介したいと思います。

愛犬を寝たきりにしたくないなら運動量を増やそう!

老犬になった犬の一日は、ずっと寝て暮らしている時間が多いですか?
もしも、大人しいからと散歩にも行かず、家でゴロゴロさせてばかりでは、
犬の筋肉量は落ちます。

運動させない理由は、

  • 散歩に行きたがる様子を見せないので、散歩に連れて行かない。
  • 寝ている時間が多くなっているので、起こしては可哀想なのでそのまま眠らせている。
  • おもちゃに興味を示さないので、一緒に遊ぶことがなくなった。

以上のような理由でしたら、運動をさせないために衰えが進行していきます。

寝たきりになる前に、運動が出来るうちは運動をさせることが必要です。
飼い主も、面倒がらずに、一緒に運動してあげることが大切です。

運動とは?歩かせること室内遊びを取入れること

運動と言っても、あまり過激なものは老犬の体の負担にもなり兼ねません。

軽く散歩をすることだけでも良いのですが、いつもと違う散歩コースを歩いてみると、
老犬にとって刺激となります。

特に、昼間に寝すぎると夜眠れないと言う悪循環は、食欲が衰えたり、
肥満に繋がりやすくなります。

眠っているときに可哀想かもしれませんが、起こしてでも外に連れ出しましょう。
無理強いするのではなく、遊びを取入れたりしながら散歩は楽しいものと認識させましょう。

また、室内でも遊ぶことはたくさんあります。
ボール投げや、かくれんぼや、おもちゃの引っ張り合いなどは、かなりエネルギーを使用します。

おやつを上手く使いながら、体を動かすようにさせましょう。

筋力アップの運動を行いましょう

人間でも同じことですが、犬にも筋力アップは必要です。
散歩や運動を行うことで、日頃から、足腰の筋力アップが期待できます。

特に坂道の散歩は筋力アップに効果があります。
普段行く散歩コースに坂道を選んで歩くようにしましょう。

できれば、コンクリートの道ではなく、芝生や土の上を歩かせることで、
足腰の負担が無く、運動が出来ます。

疲れたら休憩を入れながらも、しっかり坂道を上るようにしましょう。

老犬と散歩に行くときの心得

犬は脚力が落ちた分、極端に衰弱が進む場合があります。
その為できるだけ散歩には連れて出るようにしましょう。

老犬であるのに肥満である場合、関節などの負担が大きくなります。
また、他の病気の心配も出てきますので、肥満にならないように若い内から健康管理が必要です。

では、散歩に出る準備をしてみましょう。
足を引きずったり、痛がる素振りを見せていませんか?

足の痛みの確認をしてあげましょう。
もし、傷があったり、伸ばしたり縮めたりの動きで痛がる様子が有れば、
散歩を中止して、病院に連れて行くことが先決です。

また歩き始めた際に、呼吸が乱れたり咳をするようなことが無いか確認をしましょう。
その様な兆候が見られたら、心臓病の疑いもあります。しっかり見極めることが大切です。

体の負担がなさそうな場合、散歩をスタートしましょう。
老犬の場合、歩くのが遅くなっている場合がありますが、
無理強いせずに、ゆっくりした歩調で歩くようにしましょう。

もし散歩の途中で嫌がるそぶりを見せた場合、少し止まって様子を見てから、歩くことを促してみましょう。

それでも、嫌がる場合何か原因があるのかもしれません。
少し抱っこしてあげるのも良いでしょう。

しかし、ちょっと嫌がるそぶりを見せれば、歩かなくて済むのだと犬が覚えた場合、
毎回抱っこをせがまれるようになりますので、注意が必要です。

本当に身体が弱って歩けないのか、何か嫌なものがある道だから、抱っこをせがむのか、
よく見極めましょう。

その他の散歩の注意点

老犬になると、暑い寒いなどの自覚が薄くなりますが、体は相当に堪えるものです。

散歩時の気温の変化には十分な配慮が必要です。
老犬は、暑さだけではなく、寒さにも弱くなっています。
暑さ対策には、水分補給が大切です。常に新鮮な水を持参しておく必要あります。

また、寒い日には短毛種の犬には、洋服を着せてあげるだけで、気温調節ができます。
散歩に外に出るまでに、家の中で体を温めておくようにしましょう。

もしも歩けなくなった場合には!

老犬が歩けなくなったら、もう寝たきりになってしまって良いでしょうか・
足腰の筋力が落ち、例え歩けなくなっても、外には連れ出してあげましょう。

外の新鮮な空気を吸うことで、脳への刺激を受けることになります。
小型犬で有れば、抱っこをしたり、キャリーバックに入れて散歩をしてあげましょう。

また中型犬や大型犬の場合、専用のカートなどが売り出されていますので、利用してみるのも良いかもしれませんね。

老犬の散歩の目的は、若い時の運動量の確保のだけではなく、気分転換や脳への刺激での認知症などの防止にも繋がります。

できるだけ、愛犬と話しながら歩くようにしましょう。
コミュニケーションも取れて、愛犬は安心して散歩に出かけることができます。

散歩中・散歩後には小まめな水分補給を忘れないようにして、大切な愛犬との時間を過ごしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA