老犬に負担が掛からないお風呂の入れ方と洗い方について

愛犬が老犬になったときに、注意したことのひとつにお風呂での洗い方があります。

例えば、老犬が寝たきりであった場合や、心臓の病気の場合は負担が掛からないお風呂の入れ方や洗い方をしなければいけません。

そこで、今回は老犬にとって、負担の掛からないお風呂の入れ方や洗い方について、詳しくご紹介したいと思います。

老犬のお風呂の頻度はどれくらい?

健康な犬のお風呂は、最低でも月に一度は必要と言います。
しかし、犬にとってお風呂は体力を消耗するものです。

特に、老犬になってくると若いころよりも疲れてしまいます。
また、心臓の病気にかかっている場合、お風呂の入れ方によっては、命に関わることもありますので、十分注意が必要です。

しかしながら、身体を洗わないと不衛生になり皮膚病になる場合も考えられます。
老犬に適したお風呂の入れ方を心掛けましょう。

シャンプーをすればするほど、清潔になると考えるのは間違いのもとです。
犬の場合、シャンプーをすることで、却って皮膚の免疫力を弱めてしまう場合があります。

特に、免疫力の落ちている老犬の場合は、あまり頻繁にお風呂に入れることは、
体力的な負担になります。

お風呂の入れることが出来ない場合には、ドライシャンプーなどで清潔にしてあげることができます。

その他に、シャンプータオルなども市販で売られていますので、それを活用してみる方法も有ります。

また蒸しタオルで、全身を拭いてあげる方法でも、汚れはおちますので、
水に濡らすことができない老犬の場合には、おススメしたいです。

老犬をお風呂に入れた時の洗い方の注意点

お風呂に入れるときに準備しておきたいものは、低刺激の犬用シャンプー・バスタオル数枚・ドライヤー・ブラシなどです。

途中で水分を欲しそうにする場合、飲み水も準備してあげておきましょう。

お風呂場の床は足が滑りやすく、大変危険です。
そのため、洗い場にバスマットやバスタオルを引いて、老犬の体を洗うようにしましょう。

洗っている最中に足を滑らせて、怪我などが無いように最善の注意が必要です。

手早く洗って手早く乾かすことが大切です。
老犬をお風呂場に連れてくる前に事前準備をするとスムーズに行きます。

シャンプー剤などは、お湯で薄めておくなど用意をしておきましょう。
お湯の適温は、37~38度ですが、お風呂場を必ず換気をしながらのシャンプーにしましょう。

湿度が高いと呼吸が苦しくなる老犬もいます。
途中で、体調が悪くなった場合、速やかにシャンプーを終えてお風呂場から出してあげることが大切です。

もしも寝たきりで有る場合、タライを利用すると楽に洗うことができます。
また、タライよりも赤ちゃん用のバスタブを使用すると、底に水抜きがありとても便利です。

予め、タライの中でシャンプー剤をお湯で薄めておき、寝たきりの老犬を入れて洗います。
お座りや横になったポーズで入ることが出来るので、犬にとっても大変楽に入ることが出来ます。

もしも、全身欲が無理な場合、汚れた部分だけを洗う部分浴をオススメします。
老犬の負担も少なく、時間の短縮もできます。

顔周りは、元気な犬でも洗われることを嫌う場合があります。
嫌がるようなら、硬く絞ったタオルで、丁寧に拭き取るだけにしてあげましょう。

特に、目のまわりや耳の中などは、丁寧に拭いてあげましょう。
お風呂に入ったあとのケアについて

お風呂に入ったあとの注意点は、外との温度差です。
この温度差は、体に負担が掛かりますし、風邪を引きやすくもなります。

体力が落ちている老犬にとって、風邪ひきでも重症になってしまう場合がありますので、注意が必要です。

冬場は、部屋の温度を上げておくようにしましょう。
寒い日には日中のまだ温かい内に入れてあげるようにしましょう。

お風呂から上がったら、しっかり乾燥することが必要です。
タオルでしっかりと拭き取ったあと、ドライヤーでしっかり乾燥させましょう。

ただし、ドライヤーも老犬にかなりの負担となります。
座らせた状態や寝た状態でも、素早く乾燥してあげましょう。

お風呂から上がった後は、ゆっくり休ませてあげることが大切です。

マッサージや温湿布でリラックス効果

お風呂は必ずしも、シャンプーをすることだけが目的ではありません。

例えば、丁寧に全身をマッサージするように拭いてあげたり、
血行促進を目的に温湿布をしてあげることで、老犬もリラックスできます。

老犬は老化により血行が悪くなっており場合が多いです。
そのため温湿布で血行を促すことは、関節や筋肉も柔らかくなり、良い効果があります。

少し高めのお湯でタオルを濡らし、固く絞ったものを、足首に巻いたり、
お腹や首の上、背中などに乗せてあげましょう。

カラダ全体タオルを広げていくと、気持ちが良いので、老犬もじっとしているはずです。
中には、目を瞑り気持ちよさそうな表情を見せてくれる犬もいます。

老犬をお風呂に入れることは、飼い主にとっても大変重労働です。
出来れば、家族の協力の元、二人がかりでお風呂に入れてあげると良いでしょう。

お風呂に入れる事は、寝たきりになった老犬のケアや、痴ほう症の予防にも繋がります。
是非、愛情を持って老犬をお風呂に入れてあげる様にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA