老犬の冬の寒さ対策のポイントと部屋の温度調節について

犬は寒さには強い?などと言うことは決してありません。
たしかに暑い夏や、湿度の高いときには、熱中症などの心配がいりますが、
冬も苦手としている犬種はたくさんあります。

特に高齢になった老犬は、体温調節する機能が低下し、寒さに弱くなる傾向にあります。
体温が低下して、体を冷やすと代謝機能や循環機能が低下する恐れがあり、
それが病気へと繋がります。

そこで、今回は老犬の寒さ対策について詳しく調べましたので、ご紹介します。

冬の寒さでかかりやすい老犬の病気

まずは、冬に老犬がかかりやすい病気を調べてみました。

泌尿器系の病気

寒くなって来ると、散歩に出かける回数も減りがちです。
動かない分、のどもあまり乾かないので水分の摂取量が少なくなります。
水を飲まないことは、おしっこの量や回数が減り、尿道の長いオスに泌尿器系の病気が多くなります。

おしっこを一度に出さずに少しずつ出しているなどの様子の時には、泌尿器系の病気の場合があります。

関節疾患

運動不足に加え寒さで、体が硬くなり筋力も衰えた老犬は、急に運動をすると関節を傷めることがあります。
歩くことを嫌がるときは、関節の病気を疑いましょう。

心臓や循環器系の病気

冬に入り急に冷え込んできたときに、朝晩、老犬が咳をしだしたら心臓病を疑いましょう。
また、心臓循環器系の病気を患っている場合、一度に体重が激減します。
安静時に心拍数を測ってみましょう。120以上だと心臓病の疑いがあります。

伝染病

体力の落ちた老犬は、ウィルスに感染しやすく、急に高熱が出たり、下痢をしたりする場合は、ジステンバーを疑いましょう。
ワクチンの接種は必ず受けるようにしましょう。

呼吸器系の病気

チワワなど寒さに弱い犬種は、咳が出たり、鼻水が出たりとウィルス感染や気管支炎にかかっている場合があります。
くしゃみのような咳をするときは,細菌による肺炎に注意しましょう。

老犬の寒さのサインを見逃さないこと

犬は寒い場合、体を震わせることがあります。
ぶるぶる体を震わせていたり、体を小さく縮こまっている場合、寒くて堪らないと考えましょう。
日頃は、水分補給もたくさんする犬が、水分を摂らなくなった場合も寒さによる影響かもしれません。

老犬や高齢犬と呼ばれる犬は、体温の調節が出来ず代謝や循環機能が低下しやすく、
病気も繋がりやすくなります。

防寒対策について考えてあげてくださいね。
防寒対策とは、どんどんエアコンの温度を上げて、気温を上昇させることではありません。

真冬の場合など、温度が異常に低下している場合は、エアコンやストーブなどを使用しますが、過剰に部屋を暖めることがやめておきましょう。

老犬自らが、寒いと感じた時に調節できるものを準備しておいてください。

老犬のお部屋の寒さ対策をしてあげよう!

寒さ対策とひとことで言っても難しいですね。
例えば、ゲージの置いてある場所が、冷気の通る場所にある場合は、注意が必要です。

ゲージに毛布などを被せてあげると、十分に防寒対策になります。

また、老犬のベッドをドーム型にすることや、フリース素材のブランケットや毛布を置いてあげることで、老犬が自分で温度の調節をしやすくなります。

犬用湯たんぽを準備してあげると、ベッドの中が温かく、犬はよろこびますね

ストーブやホットカーペットは異常に暑くなるなどの温度調整や、火傷のなどのリスクもあります。飼い主と一緒の時に使用すると良いでしょう。

その他、犬用のヒーターの利用も大変良いのですが、ゲージの床全てにこのヒーターが敷かれている場合、暑くなっても犬の逃げ場が有りません。

そのため、ヒーターの無い場所に避難できるようにしてあげると良いでしょう。

外にお出かけの時の防寒対策

寒い冬には、お散歩に行かない?などと言ってはいられませんね。
冬の間中、お散歩に行かないなどと言う訳にはいきません。

暖かい室内から、外の外気に触れようものなら、急激な温度変化に身体が付いていきません。

散歩などに出る場合、ワンちゃん用の洋服を着せてあげることをオススメしたいです。
外出先から帰ってきた場合、お部屋の温度が上がっていれば、洋服を脱がせてあげましょう。

寒いから散歩に行きたがらない犬もいますが、適度な運動は筋肉を作りますし、代謝を良くします。

日中の暖かい時間帯に、散歩に連れ出し積極的に運動をさせるようにしましょう。
ただし、老犬の場合には、関節疾患を患っている場合など、寒さで関節が痛む場合があります。

この場合は、無理の無い程度の運動にしておきましょう。

冬は寒さ対策と同時に乾燥対策も忘れずに

冬は、暖房などの使用でお部屋の中は大変乾燥します。
この乾燥も、細菌やウィルスの温床になるので、抵抗力の落ちている老犬にとっては、
病気にかかりやすい状況と言えます。

鼻や喉の粘膜が乾燥することで、空気中の細菌やウィルスに感染しやすくなり、
犬も人間と同じように風邪を引いてしまいます。

加湿器などを利用するか、バスタオルなど洗濯物を室内に干すだけでもかなり改善します。

飼い主と一緒に過ごす時間の暖房方法

飼い主が同じ部屋で過ごしているときの暖房器具については、犬は基本的に人間よりも少し低い温度を好ましく感じますので、あまり温度を上げ過ぎない方が良いですね。

ただ、人間よりも低い位置にいる犬のために、床付近を温かくしてくれる暖房器具を選びたいものです。

エアコン

エアコンは犬が一番快適に過ごせる暖房器具ではないでしょうか?
ただし、床付近が温まらない場合がありますので、注意が必要です。

ホットカーペットと床暖房

これらの暖房器具は、長い間その場所に居座ると、低温やけどをする場合があります。
被毛で身体が覆われているので、温度に鈍感な場合があり、低温やけどが起こっていても、気づかずにいることがあります。

直接、ホットカーペットや床暖房の上に寝ることはさせず、一枚布を敷いた上に犬が座ることで、低温やけどを防ぐことができます。

ストーブ

温かいストーブは犬だけではなく、人間も大好きです。
ストーブの前で、陣取る姿は大変可愛らしいのですが、被毛に覆われた犬が、
焦げ臭いニオイをさせているときは、ストーブで焦げているときがあります。
十分に注意をしてあげてください。

こたつ

犬でなくても、猫も人間もコタツが大好きです。

こたつを付けると、潜り込んでしまう犬は多いのですが、
寒い時期とは言え、熱中症になる場合もあります。

温度設定を低めにして、コタツに潜らせるようにしましょう。
コタツの中が、あまりの暑さため熱中症のような症状みせることがあります。

できれば、弱での設定をお願いします。

屋外で飼っている犬の場合、まず犬小屋を日当たりの良い場所に置いてあげましょう。
犬小屋の中には、フリースや毛布などを敷いてあげましょう。

犬用の湯たんぽなども発売されています。湯たんぽも活用の価値があると思います。
是非、犬にあった寒さ対策をしてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA