老犬を夏の猛暑から守り快適に夏を過ごさせる方法

犬は人よりも暑さに弱い生き物です。

特に老犬の場合は、体温調節が難しい体になっていることもあり、
水分補給と冷やし過ぎに注意しながら、夏の猛暑から守ってあげる必要があります。

今回は老犬の暑さ対策について詳しくご紹介したいと思います。
是非、夏を快適に過ごす方法を参考にしてください。

老犬の室内の暑さ対策とは

犬は平熱が高いため、暑い夏は苦手とする犬種が多いです。
また、人間と同じように熱中症にかかることがあります。

病気にかかっている犬や、老犬のように体力が低下している場合、熱中症も重症になると、命を落とすことにもなります。

そのため、しっかりと暑さ対策をして夏の猛暑から守ってあげてください。

老犬の居場所は、風通しの良い日陰が最適

夏場の日差しが入る場所に、長時間いると人間でも暑さでバテテしまいます。
それは犬も同じですので、日差しを遮るカーテンをしてあげたり、すだれなどを用いて日陰を作ってあげるようにしましょう。

また、風通しも良くしてあげることが大切で、換気にも十分注意をしましょう。

エアコンの温度設定

エアコンは、老犬に取っての暑さ対策に最適ですが、その温度調節に注意が必要です。

冷たい空気は床に溜まります。そのため、床の上で生活している犬の居場所は、大変冷えてくることがあります。

冷えすぎは、老犬にとって関節の痛みが出たりと体に良くないことが多いです。
エアコンの温度設定を冷えすぎない温度にしてあげることも必要です。

仮に冷えすぎた場合、犬が冷えを防ぐことが出来る様にタオルやマットなどを側に置いてあげましょう。

犬用冷却グッズ

ペットを飼う人が増えた近年は、ペット用品がたくさん発売されています。
その中でも、夏の暑さ対策のグッズは多く、重宝できるものがたくさんあります。

その中でも、おススメなのが、冷却マットや保冷剤を入れることが出来るクッションやアルミプレートなど、犬がその上に乗ると体が冷えるグッズがたくさんあります。

しかし、冷却マットなどは、敬遠する犬もいますので徐々に慣れさせる必要があります。

家庭で作れる冷却グッズは、ペットボトルに水を入れて凍らせたものが便利です。
そのままでは、体に当たると冷たすぎるので、タオルなどにくるんで、犬の側に置いてあげましょう。

お散歩のときにも、この凍らせたペットボトルは、暑くなった体を冷やすのに大変便利なお手軽グッズです。

水を入れたペットボトルを凍らせるだけで、経済的にも負担が少なくて済むグッズですね。

水分補給は充分に

何と言っても水分補給は一番大切な暑さ対策です。
犬は舌から水分を蒸発させて体温調節をします。

老犬は水分をあまり摂らないこともありますので、是非とも飲みやすい環境を作って、
小まめに水分を補給するように促しましょう。

老犬が熱中症にかかった時の症状と対処方法

十分に気を付けていても、老犬が熱中症にかかってしまった場合、早急に対処をしなくてはいけません。

  • いつもより荒い息をしている
  • 目が充血している
  • ぐったりしている
  • 舌の色がうっ血したような色
  • 反応が無い

などの症状が見られたら、熱中症かもしれません。
まずは、涼しい場所に運ぶことが重要です。

水が飲めるようでしたら、水分補給をさせましょう。
自力で飲めない場合も、濡らしたガーゼなどで、口を少し湿らせてあげましょう。

氷などを使用して急激に体温を下げることは、決してしないでください。

急激に体温が下がり過ぎると筋肉が収縮を起こし、熱中症がひどくなります。
早急に病院へ連れて行くようにしましょう。

熱中症は、暑い昼間だけに起るものではありません。
朝や夕方でも、蒸し暑く湿度が高いと熱中症になる可能性はあります。

老犬の夏バテと脱水症状

犬も暑さのせいで食事の量が減ることが有ります。
特に老犬の場合は、運動量も少なく代謝が低下していることから、食事を食べる量が減ります。

たとえば、ドライフードの食事を毎日与えている場合、ウェットフードに切り替えてみてはどうでしょう。ウェットフードには水分量が80~90%あり、水分補給にも役立ちますし、柔らかいため、老犬には食べやすい食事なります。

いつものドライフードにウェットフードをトッピングするだけでも、喜んで食べてくれる場合があります。

ただし、夏の暑さでドッグフードも傷みやすいことを考えて、おおよそ30分後に片付ける様にして、ずっとフードを放置しておくことは止めましょう。

老犬が、ぐったりとしている場合、脱水症状にも注意が必要です。
目や口が渇いていたり、おしっこがほとんど出ない、背中の肌をつまんでみて、
元の状態に戻るまで時間が掛かる様であれば、脱水症状になっている場合があります。

一刻も早く医師に診てもらうようにしましょう。

その他の暑さ対策

夏場のお出掛けに車を利用する場合、少しの時間でも犬をひとりで車の中に置いて行くことは厳禁です。

夏の暑さの中、車中に置いたままの犬が取り返しの付かないことになることを心得ておきましょう。

トリミングで、少しでも短くカットをすれば、涼しいだろうと思う親心ですが、
サマーカットは、あまり短くし過ぎると、直に日光が肌に当たり、却って暑い場合があります。

あまり極端に短くカットするのは止めておきましょう。
いつもきれいに清潔にしてあげることで、寄生虫がつくことを防ぐことができます。

被毛のケアはしっかりと行いましょう。

体力が低下している老犬にとって、暑い夏を乗り越えるのは大変なことですが、
少しでもお部屋を快適にしてあげることで、元気に夏を過ごせるようにしてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA