老犬がかかりやすい目の病気の症状と治療法

犬の目は埃など大変傷つきやすく、老犬になると加齢により代謝が衰えて、
目に必要な栄養が運ばれない為に、トラブルが起こりやすくなります。

特に老犬がかかりやすい目の病気と言えば、白内障です。

白内障は、人も高齢なるとかかりやすい病気で、水晶体が白く濁ってくることから、
最悪の場合失明してしまうことが有る病気です。

今回は、老犬がかかりやすい白内障などの目の病気の症状とその治療法についてご紹介したいと思います。

白内障になったときの症状の見分け方

もともと犬は目があまりよくありません。
その代りに聴覚や嗅覚が発達していますので、あまり視力に頼って生活していないことから、白内障の初期症状で見えにくくなっていても、気づきにくい面があります。

水晶体に周りが白く濁ってきて、視力が低下して行きますが、初期段階では行動に変化が見られないので、発見が難しいです。

この水晶体に濁りですが、犬の目を覗き込んで黒目の奥が白く濁っていたら白内障を疑ってみましょう。

進行して来ると、よくものにぶつかる、何でもないところでよろける、投げたボールなどおもちゃを見失うなどの症状が見られます。

白内障の治療方法とは

白内障で一度濁った水晶体は、綺麗にすることはできません。
早期発見をすれば、薬物治療や点眼で進行を食い止めることは可能です。

ただし、目が白くなってきたからと、早急に白内障と決めつけるのは止めておきましょう。
もうひとつ老化に伴う目の病気、核硬化症と言う病気があります。
白内障は治療をせずに放置していると、失明の危険がありますが、核硬化症自体では、
目が見えなくなることはりません。

病院で直ぐに判断できますので、診察を受けるようにしましょう。

点眼などの治療で効果が無い場合、水晶体に濁りが1/3もしくは1/2の場合、
手術で水晶体を取り出すといった治療法があります。
しかしながら、手術をしたからと言って、絶対に完治するものではありません。

白内障の予防は大変難しいのですが、日々の生活で目に良いサプリメントを摂る方法で予防を促しましょう。

目の健康を考えた栄養サポートなどを使用して、目の健康維持をしましょう。

その他老犬がかかりやすい目の病気

老犬の多くがかかりやすい目の病気は、白内障ですが、その他にも注意が必要な目の病気がありますので、ご紹介しましょう。

角膜炎

角膜に炎症が起こり、大変痛みが伴う目の病気です。
傷みのために、目をぱちぱちと開けたり閉じたりを繰り返したり、
前足で目を擦ったりします。

角膜炎の症状は、痛みを伴うことと涙や目やにが出やすくなります。

前足で擦ることで裂傷がひどくなる場合も考えられます。
これを角膜裂傷と呼び、目が傷ついた状態を言います。
点眼薬での治療をしている間は、エリザベスカラーなどで保護する必要があります。

結膜炎

結膜とは、眼球の白目からまぶたを繋ぐ膜のことを言います。
人間にも多いこの結膜炎は、瞼のまわりが痛んだり、かゆくなることで、前足を使ってしきりに掻きます。

症状としては、黄色や茶色の目やにが出る。
まぶたやその周りが腫れる。
白目が赤く充血している。
涙目になり大量の涙が出る。

原因は目の中に入った毛やシャンプー剤が目に入ったなどが考えられます。
ウィルス感染の場合も有り、普段の何気ない行動から結膜炎を発症します。

目の周りの毛は短めにカットをすることと、点眼薬と軟膏を処方してもらい、治療にあたります。ウィルス感染での結膜炎は、抗生物質入りの点眼や軟膏を処方してもらいます。

結膜炎の原因が、ウィルス性の場合、他の犬に移すこともあります。
症状が出たら、完治までは、外に連れ出さないようにしましょう。

緑内障

緑内障には、原発性緑内障と続発性緑内障の2種類があり、それぞれ起きる原因が違います。

原発性緑内障は、生まれつきの目の構造によりかかるもので、特に高齢になって発症します。

柴犬やアメリカンコッカー・シーズ―などの犬種では、生まれつき目の中の房水と呼ばれる水を外に出す出口が狭いために緑内障を起こしやすいです。

また、続発性緑内障は、他の目の疾患が原因で引き起こされます。
続発性緑内障の80%ほどは白内障やぶどう膜炎に関連してると言われています。

症状として見られるのが、目の充血や角膜などの浮腫などで、目の痛みがあります。

目の痛みのため、元気が無い、食欲がない、寝る時間が多いなどの行動が見られますが、
その行動が、目に関連していない為、緑内障を発見することが遅れる場合があります。

急性の場合、発見が早ければ適切な治療を行い、回復する見込みがありますが、
慢性化している場合、視力を失うと治療では治りません。

どちらにしても、早期発見で治療できれば、痛みを早く取ることが出来て適切な処置を取が出来ます。

老犬の涙やけには問題が隠されているかも?

涙やけが起きる原因は、大量に涙が出ることです。
犬が涙を流すのは、人間のように悲しいからではありません。

犬の涙は感情で出る訳ではなく、流涙症と言う病気です。
目の周りにあふれた涙が、毛色を茶色く変色させてしまうために起るのが涙やけです。

かかりやすい犬種は、目が大きく鼻が短い小型犬に多く、トイプードルやポメラニアン、パグ、チワワなどがあげられます。

流涙症は、過剰な涙が分泌されるのですが、その原因をあげてみます。

  • 目にゴミや毛が入った
  • おしっこなどの環境のトラブル
  • 花粉症などのアレルギー症状
  • 涙腺などの機関的な欠陥
  • 食物に問題がある

涙やけの原因を見てみると、食べ物やおしっこなどに問題がある場合は、
他の病気になる可能性も考えられます。

特に老犬になったときに、涙やけが続くのは、おしっこの出る量が少なく、
体中の老廃物が目や耳、毛穴からにじみ出ていることが考えられます。

いつでも濃い色のおしっこをするようであれば、水分摂取が足りていないと考え、
注意が必要です。

老犬になると、運動量も少なく、水分を摂る量が減ってきます。
是非、新鮮な水がいつでも飲める環境に置いてあげてください。

目の病気には、目の周りの毛が目に入ってしまいトラブルに発展してしまうことが多くあります。

トリミング時に、しっかりと目のまわりの毛をカットして、目の中に入らないようにしましょう。

目の病気には、痛みが伴うものが多く、老犬にとってはとても辛い病気です。
早期に発見して、適切な治療を受けさせてあげるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA