老犬でも喜ぶ!犬への上手な薬の飲ませ方

老犬が病気になり、薬を飲ませようとしても、嫌がって飲まない場合はありませんか?
フードに混ぜてみたり、他の食物と混ぜ合わせてみたり、悪戦苦闘しても飲まないと言う頑固な犬もいるようです。

そこで今回は薬の種類別に、老犬に飲ませやすい薬の飲ませ方をご紹介したいと思います。

錠剤の上手な飲ませ方

一般的に犬への薬は錠剤の場合が多く、そのまま与える場合と食べ物に混ぜて飲ませる方法があります。

食いしん坊の犬の場合、薬をそのまま差し出してみたら、ぺろりと食べてしまう場合もありますが、
一度口に入れても飲み込まず、錠剤をおもちゃにしてしまう可能性もありますので、しっかりと飲み込ませる方法が必要です。

そのまま薬を飲ませる場合、犬の口元を持って、上を向かせ上あごを開きます。
錠剤を喉の奥に入れたら、口を閉じて、ごくりと飲み込むまで、口を上向きにしたまま待ちます。

犬が口の周りを舐めた場合、飲み込んだと考えて良いでしょう。再度口を開けて、錠剤が無いことを確認しましょう。

また食べ物に混ぜる飲ませ方の場合、通常食べているフードには混ぜないようにしましょう。
何故ならば、そのフードを警戒して食べなくなる恐れがあるからです。

例えば、チーズやパンなど柔らかい物に錠剤を入れ込んで食べさせると、気づかぬ内に錠剤を飲ませることができます。

ただしこの場合、一口サイズにしておく必要があります。ゴクリと一口で飲み込んでくれれば、成功です。

粉薬の飲ませ方

粉薬も、基本的には錠剤と同じような飲ませ方で良いと思いますが、
ドッグフードに混ぜたりすると、すべて食べきらない場合、薬も中途半端な飲用になってしまいます。

完璧に完食する方法で、薬を混ぜることを考えなければいけません。

そこで、粉薬を水で溶いて、練った上で、犬の上あごに塗る方法があります。
量が多い場合は数回に分けて、上あごに塗らなければいけません。

途中で嫌がるようなことがあれば、飲み残しが出来ますので、注意が必要です。

水で溶いて飲ませる方法は、寝たきりになったような老犬でも飲ませやすい方法です。
粉薬を水で溶き、スポイトなどで口に差し入れます。

犬の口をやや上向きにすると飲ませやすく、一回の量が多い場合、
薬が口からこぼれ出てしまいますので、犬の飲み込み方に合わせる様にしましょう。

カプセルの場合も、中の粉薬を取り出して同じように飲ませることが出来ます。
ただし、カプセルに入った薬は、ゆっくりと胃や腸の中で溶けて、どの部分で溶けると効果的かを考えて作られています。

カプセルの中身のみを飲ませる場合は、病院で中身だけを与えて良いかを問い合わせて、注意点を守りましょう。

どの方法が愛犬にとって楽に薬を飲ませる方法であるかを、考えて飲ませるようにしましょう。

どうしても飲まない場合のお助けグッズ紹介

何をしても吐き出して薬を飲まないと言う悩みを持っている飼い主は多く、
犬の嗅覚はあなどれないと、感じる場合があります。

犬の嗅覚は人の2万倍も優れているため、薬のニオイなど簡単に感づいてしまいます。

そこで、どうしても薬を飲ますことが出来ない人のために、お助けグッズをご紹介します。

1.ピルクラッシャー

薬を簡単に粉末にできる道具で、簡単に錠剤を粉末状にできます。
また、錠剤をカットすることもできますので、半分のみ飲ませる場合などは、このピルクラッシャーは、大変便利な道具です。

2.オブラート

人間用オブラートを活用してみましょう。
薬を包んだ後、少し湿らせてあげると飲み込みやすくなります。

ゼリー状のオブラートも、味が付いているので美味しく食べることができます。
ただし、人間用のため大量に食べさせることは控えましょう。

3.スポイト・針の付いていない注射器

針のついていない小型の注射器のことをシリンジと言います。

シリンジやスポイトを使用して、薬を注入する方法は、老犬で寝たきりになっている場合や、病気で衰弱している場合に大変効果的です。

薬だけではなく、水分補給をしてあげる場合にも使用できます。

このシリンジやスポイトを使用する場合の注意点は、一度に流し込まないことです。
一度に与えすぎるとこぼれますので、ゆっくり押し出すように使用しましょう。

4.ヨーグルトやジャムなどペースト状食べ物

犬の好きな甘いペースト状の食べ物に、薬を混ぜて、犬の上あごに塗ると、舐めて取ろうとして飲み込みます。

この場合、使用できる食べ物は、ヨーグルトやジャム、はちみつなど甘いものがおススメです。

どうしても飲まない場合はどうする?

犬が、薬をどうしても飲まない場合はどうしますか?
まずは、獣医に相談してみることが必要です。

薬の種類を変えてみると意外と飲んでくれる場合も有ります。

しかし、老犬で食欲が落ちていたり、寝たきりの場合は無理やりに飲ませるのも可哀想な気もしますが、
ここは飼い主が心を鬼にしてでも、薬を飲ませる様にしましょう。

愛犬の健康を守るために、薬を飲ますことは大切なことです。

飼い主の勝手な判断で、途中で投薬を止めることなどはしないよう、
面倒がらずに、しっかりと決められた分量を、すべて飲ませ切るように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA