咳の音で見分ける老犬の病気別咳の症状

老犬が咳をしているばあい、部屋が乾燥していたり、軽い風邪を引いたなどの原因が考えられますが、中には、咳に深刻な病気が隠されている場合があります。

人間と同じように犬の咳も、気道から異物や細菌を乗り除く働きをします。
咳が続く様であれば、病院に連れて行くことをオススメします。

老犬に咳がでる場合の咳の症状別に病気をご紹介したいと思います。
特に咳の音で見分ける方法は、是非参考にして、愛犬の様子を観察してみてください。

咳の音はどんな音?

口呼吸の多い犬は、人間よりも喉に炎症を起こしやすく咳が止まらないなどの症状になる場合があります。

咳には、乾いた咳や湿った咳、激しい咳や、アヒルガーガー鳴くような咳、胸からヒューヒューを音がする咳など、咳の音によって病気の種類が違う場合も有ります。

その中でもアヒルがガーガーと鳴くような咳の音がする老犬は、気管虚脱になっている場合が多くあります。

さまざまな理由で気道が狭くなるこの気管虚脱は注意したい病気のひとつです。

また胸からヒューヒューと音がする場合は肺炎にかかっていることが考えられます。
肺炎の中でも一番多いのが誤嚥による肺炎です。

ものが上手く飲み込めずに誤って気管に入ることから、その時一緒に入ってきた悪い菌に感染し炎症を起こしてしまうそうです。

老犬の場合、この肺炎で命を落とすことも有ります。
咳が止まらないなどの症状がある場合、早急に病院へ連れて行くことをオススメします。

咳が続く場合の病気について

犬が咳き込み、咳が止まらないなどと言った場合に疑われる病気を挙げてみましょう。

気管虚脱

まず先ほどの「ガーガー」と鳴くような咳をする気管虚脱は、小型犬または中年以降の犬に多く見られる病気です。

早期に気づけば薬や運動の制限で症状を抑えることができます。
放置することは、ますます炎症がひどくなり気道を狭くなることで、呼吸がしづらくなります。

老犬の散歩にリードを使用している場合、知らず知らずに気管に強い力が加わり、気管虚脱を重症化している場合があります。

首に負担の掛からないハーネスタイプのリードに替えることで、老犬の体への負担が軽減されるのではないでしょうか?

ケンエルコフ

細菌やウィルスの感染が原因で起こる病気です。
老犬がかかった場合、免疫力が弱いために肺炎になる場合があります。

寄生虫

犬の咳の原因で最も多いのがこの寄生虫による咳です。
回虫や、鉤虫などやフィラリアなどの内部寄生虫が原因です。

回虫などの幼虫が気道から腸に移動する場合に咳がでることがあります。
寄生虫は、予防可能なものがほとんどです。

寄生される前に、適切な予防法で犬を守りましょう。

またフィラリアも咳を誘発します。
フィラリアの幼虫に感染している蚊によって、犬の循環システムに入ることにより、
肺にまで到達し、犬に咳を引き起こすことになります。

フィラリア予防の投薬をすることで、犬を守ることができます。

心臓病

老犬になると、うっ血性心不全などの心臓病に苦しむ犬が多くいます。
症状は、乾いた咳をすることが多く、この原因は主に、心臓肥大が進むにしたがって、
気道を圧縮するために起る咳です。

他に乾いた咳が出る病気と言えば、犬ジステンバーや僧房弁閉鎖不全症などが考えられます。

僧房弁閉鎖不全症の場合、心臓の弁に異常が出来る場合に咳を引き起こします。
乾いた咳をする、咳こむ症状が見られます。

心臓の病気は先天的なものが多いのですが、老化による場合もあります。
咳が出るだけではなく、散歩や運動を嫌がるような場合、心臓の病気が考えられます。

湿った咳をする病気とは

犬も人間と同じで、病気により乾いた咳と湿った咳をします。
中でも、湿った咳をする病気と言えば、気管支炎が考えられます。

この気管支炎はウィルスや細菌が原因と考えられますが、アレルギーが咳を引き起こしていることもあります。

この湿った咳の治療には、抗生物質を使用し、その他には咳止め剤を処方される場合も有ります。

散歩などの運動は制限する方が良いでしょう。

湿った咳が続くなと感じたら、咳の他に、くしゃみや発熱などの症状が無いか確認しましょう。

咳を和らげる効果のあるものとは

老犬の咳が続く場合、意外と体力を消耗していることが多いです。
少しでも、その咳を和らげてあげるようにしたいものですね。

そこで、犬の咳を和らげる方法を考えてみましょう。

温度と湿度

犬が快適に過ごせる温度と湿度の設定が必要です。
その場合の温度は22~25℃で、湿度が40~60%が最適です。
なるべく保つようにしてあげてください。

ハーブ

犬の咳を鎮めるのに、ハーブに効果が有ると言われています。
ハーブの中でも、モウズイカ・オオバコ・マシュマロが咳に効果がありますので、
アロマオイルを使用して、咳を鎮めてあげてください。

空気清浄機

アレルギーが原因で咳が出来る場合、掃除を丁寧に行うことや、空気清浄機を使用して、
お部屋の中のアレルゲンを軽減しましょう。

アレルギーを軽減する乳酸菌サプリなども効果的です。

7歳くらいを超える老犬と呼ばれるようになった犬は、腫瘍の発症率が高くなります。
特に肺に腫瘍ができると咳が続き、治らない場合が多いです。

老犬が咳き込む場合、一時的なものであれば心配はいりませんが、
咳が続く場合は、一度医師の診断を受けることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA