犬にもある加齢臭?老犬の体臭が強くなった場合の解消方法

最近、犬のニオイが気になると言った場合、飼っている犬の歳を考えてみましょう。
犬も私たち人間と同じように、歳を取れば、加齢臭がするようになり、
若い時には感じなった臭いがとても強くなります。

そこで今回は、気になる老犬の臭いについてご紹介したいと思います。

その臭いは加齢臭?老犬の臭いについて

犬も7歳をすぎるころから、人と同じような加齢臭がするようになります。
若い時には感じなかった臭いの元は、アポクリン汗腺から分泌される臭い成分の分泌量が増えて体臭がきつくなります。

犬の体にはエクリン腺とアポクリン腺と言う二種類の汗腺があります。
このエクリン腺は、犬の鼻の頭と足の裏の限られた場所にあり、この臭いがカーペットなどに移り悪臭の原因になります。

またアポクリン腺は、人間で言えば腋の下から出る汗と同じで、犬の場合にはこのアポクリン腺は皮脂とつながっているため、皮脂を含んだ汗となり、汗と皮脂が酸素に触れることにより酸化し、雑菌が繁殖して体臭となります。

7歳を過ぎたころから、このアポクリン腺の分泌量が増え、ますます体臭がきつくなることから、犬の加齢臭と呼ばれています。

どうする?加齢臭の対策と食生活

加齢臭の原因は、毎日の食生活も大きく関わりがあり、偏った食事を犬にあげていませんか?

主に、タンパク質や脂質を摂りすぎると、加齢臭の成分が含まれる皮脂の分泌が行われます。特に肉類は皮脂の分泌が盛んになる食材で、質の悪い肉を食べさせていると、
腸内環境が悪くなり、ますます臭いが気になります。
腸内の悪玉菌が増殖させない為にも、質の良いお肉を与える必要があります。

それには、安いだけが理由で購入しているドッグフードも見直してみるべきです。
質の良いドッグフードは、野菜や穀物がしっかりと入っており、食物繊維やミネラル、ビタミンも豊富に入っていますので、腸内環境が悪化して体臭がきつくなってきた犬におススメです。

野菜などから摂取できるビタミンやミネラルは、免疫力を高め、血行を良くしてくれます。
食物繊維を多く含む野菜は、腸内環境をきれいにし、老化対策にはぴったりです。

歯磨きしてもとれない老犬の口臭について

老犬になると長年の蓄積した歯石などが沈着し、高齢になればなるほど、口内環境を清潔にすることは難しくなり、歯周病にもかかりやすくなります。

犬の歯は人間の歯に比べると虫歯になりにくい性質と言われていますが、
お口の中のケアを怠ると歯周病になるのは人間と同じです。

歯周病になるとなぜ口臭がきつくなるのでしょうか?

歯に溜まった歯石や歯垢をそのまま放置していると細菌が繁殖し炎症を起こします。
それが歯肉炎、歯周病へと進行して行きます。

歯周病は歯肉の炎症や出血などの症状がありますが、これが進行すると歯肉に膿が溜まり、口臭や腐敗臭がします。

この歯周病を防ぐには、子犬の頃より歯磨きの習慣をつけると良いのですが、
成犬や老犬になって、もし習慣が無い場合も、徐々に慣れさせていき歯磨きの習慣を付けましょう。

もし歯石が気になる様であれば、動物病院で歯石の除去をおこなってもらいましょう。
そうすることで、歯周病も改善し、口臭軽減にも繋がります。

腸内環境が悪い場合の口臭
歯のケアをすれば、口臭が減るとご紹介しましたが、
もうひとつの口臭の原因、腸内環境が悪い為に口臭がしている場合は、
腸内環境を良くすることが必要です。

腸内環境が悪化すると、臭いに元となる悪玉菌が繁殖してしまいます。
そうすると、口臭や体臭が強くなることが有ります。

食物繊維や大豆・ヨーグルトなど、腸内環境に効果のある食べ物を食べさせる必要があります。

食べさせるドッグフードも、質の悪いドッグフードを食べさせると腸内環境を悪化させますので、くれぐれも注意してください。

耳が垂れている犬だけではない!耳臭の対策

犬の体臭がきついなと思っていたら、どうも耳に異常があり耳臭がしていると言います。

耳掃除を頻繁にしているのに、耳臭がしてくる場合、
耳の中にカビやミミダニなどが繁殖しており、耳臭は耳の病気のせいではないかと思われます。

特に耳が垂れている犬は、耳の中の温度が上がりやすい為、カビや細菌が繁殖しやすいです。

耳垢は細菌のエサとなりますので、小まめな耳掃除が効果的です。
耳掃除をしないで、放置していると耳の溜まり臭いの原因となります。

垢が原因で、ミミダニが発生している場合、きれいに除去する必要があります。

耳が臭うとなると、外耳炎などトラブルも考える必要がありますが、
基本的に耳は匂いが無い場所なので、耳が臭っていると感じた場合は、動物病院で一度見てもらう必要があります。

動物病院では、耳の中をきれいに掃除してもらうことは、耳臭にとって大変効果があります。
茶褐色と黒の耳垢化と、独特ニオイから、比較的に病名が分かりやすので、
治療が進めやすいです。

耳の掃除もやり過ぎは、よくありません。

耳で細菌が発生している場合、抗生物質の点耳薬や内服薬をもらって治療して行きます。
特にたれ耳の場合ケアが重要です。

老犬の口臭・耳臭そして体臭についてご紹介しましたが如何でしたでしょうか?
どれも、日頃のケアをしていれば重症にならずに済むことが多いです。

体臭・口臭・耳臭など、老犬になればどれも臭いがきつくなるものばかりです。
どうか、スキンシップをとりながら、身体のケアをしていくことをオススメしたいとおみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA