老犬が嘔吐する原因は何?病気か中毒かを見分けるポイント

犬が突然嘔吐を始めたら、飼い主は大変驚かれることが多いですが、
犬が嘔吐した場合、大抵は食べ過ぎなどが原因の場合が考えられます。

胃や腸は第2の脳と呼ばれる細胞で、嘔吐と言うのはその胃腸が身体の異常を訴えておこるものです。

強制的に胃の中のものを逆流させて嘔吐することで、身体の内部へ侵入することを防ぎます。

しかしながら、老犬の場合は嘔吐することにより、体力を消耗させてしまうことや、
栄養が摂れないなどで、身体が衰弱してしまうことが考えられます。

老犬が嘔吐した際の様子をしっかり見極めることを必要です。
今回は、その老犬の嘔吐について、詳しくご紹介したいと思います。

是非、参考にしてください。

嘔吐の前に見せるしぐさ

犬が嘔吐する前に見せる、それぞれの兆候がありますので、
是非、知っておくと良いでしょう。

  • 絶え間なく舐める。
  • 胃の筋肉を収縮させる
  • オエッと吐き気の様子を見せる

犬の吐き戻しについて

老犬の場合、散歩中に道端の草を食べて、吐き出すと言う行為を見せます。
これは、胸やけや毛玉を吐くために、有効な行為です。

吐いた後、別段変わった様子が無く、食欲もあれば心配はいりません。

心配な老犬の嘔吐について

老犬が嘔吐する場合、心配しなければならない嘔吐の内容をあげてみましょう。

  • 苦しそうな嘔吐や長く続く嘔吐
  • 異物を誤って飲んだ場合の嘔吐
  • 中毒性のものを食べてしまった場合の嘔吐
  • 何かにぶつかった後嘔吐をした
  • 吐いたものなかに、血や異物が混入している

上記のような嘔吐の場合は、早急に病院に連れていくことが必要です。

嘔吐の原因である病気とその症状

急性胃炎

胃の内容物を繰り返し嘔吐する
胃の粘膜に炎症を起こしている状態です。

嘔吐が続く場合、食べた物が無くなると胃液まで吐くことがあります。
放っておくと脱水症状になる場合があり、老犬にはかなりの負担になります。

急性胃腸炎の場合、治療は「絶食・絶水」ですが、24時間口から食べ物などを入れないことが必要です。

体力が低下している老犬にとって、「絶食・絶水」を24時間は身体にかなり負担が掛かります。大人しくしているようであれば、点滴注射などを行うと、症状を緩和することができます。

胃捻転

胃捻転の原因は、主に食べ過ぎで、胃の中にガスと液体が溜まることにより発酵することで引き起こされます。

若い犬の場合、食べ過ぎが原因ですが、老犬の場合は、ガスなどが溜まることでの胃捻転が多いです。

この胃捻転は、老齢になった大型犬に多く見られる病気で、吐こうとするが吐けずに大変苦しい思いをします。

まれに嘔吐すると、嘔吐物は茶褐色で悪臭がします。
また、よだれを大量に出すことがあります。

一刻も早く病院を受診しましょう。

慢性胃炎

数週間、弱い嘔吐が続きますが、お水を多く飲む場合や、ゲップが続く場合には慢性胃炎を疑いましょう。

この慢性胃炎の原因ですが、老犬の場合は、長期間消化の悪いおやつをもらっていたことですが、急性胃炎を放置していたことで、慢性化したケースが見られます。

胃潰瘍

頻繁に嘔吐を繰り返す。吐瀉物に血や異物の混入が見られる。

胃潰瘍は人間の場合の多くはストレスが原因でかかります。
犬の多くは、肥満砂防種と言う腫瘍や腎不全などが原因とされています。

巨大食道炎

食べてすぐ噴き出すように吐く
食道が伸びきってしまし、胃に食べ物を運ぶことができなくなり、
食べても吐くのを繰り返し、身体が衰弱して行きます。

フィラリア・気管支炎・心不全・肺炎

嘔吐以外に咳や呼吸困難が起こる。

よだれが多く出る嘔吐

よだれが多く出ている場合に嘔吐をする場合、何かの中毒が考えられます。
例えば、農薬などの薬品などを飲んでしまったなどが考えられます。

また、チョコレートを間違えて食べてしまった場合にも、大量のよだれに嘔吐の症状が見られます。
そのような中毒症状の場合、放っておけばどんどん体内に吸収されていきます。
早急に動物病院へ連れて行く必要があります。

また、熱中症の場合も多くのよだれと嘔吐の症状が見られます。
熱中症は、適切な処置を施す必要のある病気です。
犬の体を冷やしながら、病院へと連れて行きましょう。

老犬は、食べ物を飲みこむことが出来ずに嘔吐してしまうことが稀にあります。
人間でも、飲み込むことができずに、誤嚥による肺炎を起こすケースが多く見られます。

肺炎は、ワクチン接種で予防することができます。
できれば、定期的なワクチン接種で予防することができます。

肺炎は、空気が乾燥した冬や、梅雨のじめじめした季節などにかかりやすい病気です。

また、このような胃腸に負担が掛かっている場合、老犬ではゆっくりと食事を摂らせる必要があり、食後直ぐの散歩や運動は避けた方が良いことを覚えておきましょう。

ひとつ注意点があるならば、病院へ行った時には、嘔吐したときの様子や、吐瀉物の形状や混ざっていたもの、犬の様子などをしっかりと伝える必要があります。

しっかりと伝える事で、医師は診断も早く出来るのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA