老犬が成りやすい分離不安とは?その症状と原因や対策について

どこに行くにも飼い主の後をついて回る愛犬は、大変愛おしく可愛い存在ですが、
あまりにも、飼い主と一緒に過ごす時間が長いと、飼い主が出掛けてしまい、ひとりぼっちになることで、心細さや不安が募り、分離不安症になってしまう犬がいます。

物を壊してみたり、過剰に吠えてみたり、あちらこちらで排泄をしてみたりと問題行動など、飼い主へ不安を訴えます。

老犬になると、この問題行動がひどくなる傾向にありますが、これは高齢化による機能の低下が原因と考えられています。

そこで、老犬の分離不安についてその症状や原因・対策についてご紹介したいと思います。

分離不安の問題行動とは

飼い主が出掛ける用意をしだすと、邪魔をするような行動に出ることがあります。
たとえば、あちらこちらにおしっこをして歩く、吠えるなどの行動です。

そのまま飼い主が出掛けてしまうと、帰ってくるまで鳴き続ける犬や、家の中で破壊行動を起こす犬もいます。排泄をあちらこちらにして歩く行動も分離不安の行動のひとつです。

犬によっては、食事を食べない、元気を失くしてしまうなど、精神的な不安を見せます。

分離不安が起こる原因と対策

もともと犬は群れで生活する習慣があるため、ひとりになることを嫌う傾向にあります。
その群れの変わりが、飼い主や家族です。

家族の愛情を受けている犬は、精神的に満足して安定しているように見えますが、
過度な愛情は犬の成長の妨げになっている場合があります。

できれば、子犬の頃より飼い主への依存を極力少なくすることで、不安を感じることなくお留守番できる犬に成長します。

犬と少し距離を置いた関係になることは、中々難しいことかもしれませんが、
言えに居る間一日中、べったり離れないなどの行動は、依存症になる原因のひとつです。

子犬や若い犬の場合、この分離不安は訓練やしつけで、分離不安を改善することが出来ます。

分離不安を取り除く対策とは

  • 飼い主がいないことに慣れさせること
  • ひとり遊びが出来るようにする
  • 外出直前に犬に声掛けない
  • 帰宅後は直ぐに犬にかまわない
  • 暴れていたり、問題行動があった場合も叱らない
  • 一緒に遊ぶ時間を作る

犬と飼い主の間に信頼関係ができることで、分離不安は解消します。
飼い主は、出掛けても必ず帰ってくるという事を、犬に覚えてもらうことが大切ですね。

老犬の分離不安は何故起こるの?

老犬になって分離不安が始まった・強くなった場合は、若いときの分離不安の原因とは、異なる場合があります。

老犬の場合、耳が遠くなってきたり、目が見えなくなってきていることが原因で不安になっている場合があります。

また、体に痛みがある場合や痴呆症になっていることも考えられます。

そのため、老犬の分離不安は、突き放す・叱るなどの行動では、決して治ることはありません。

身体の不調や認知症については、まずは、専門家に老犬の診察をしてもらう事をオススメします。

その上で、老犬の不安を取り除くことを考えてみましょう。
老犬の分離不安の対策

老犬の場合、これから分離不安を取り除くしつけや訓練をすると言うことは、難しいと考えられます。

そのため、少しでも不安を解消してあげることを考えましょう。
とは言え、ずっと一日中、老犬の側に居る訳にも行きませんので、老犬が快適で安心できる場所を作ってあげることが必要です。

その場合のひとつの方法として、飼い主のニオイがする服や靴下などを、老犬の寝床に置いてあげると安心することがあります。

また、時間のある時には、散歩など日光浴をさせて昼夜をしっかりと感じさせましょう。
寂しくて鳴いている場合には、側に行き声を掛けながら優しく撫でてあげましょう。

老犬の分離不安に精神安定剤は有効?

飼い主が出掛けている間、ずっと鳴き続ける老犬にどうしてよいのか困っていると言う飼い主は多いです。

その場合、病院に相談して精神安定剤を処方してもらうと言う方法を取られることがありますが、この精神安定剤は、安心して老犬に使用できるものなのでしょうか?

老犬に精神安定剤を使用するメリットとデメリットについて考えてみました。

メリット

犬への投与が許可されている精神安定剤の有効成分は、クロミプラミンと言う物質で、
脳内におけるセロトニン濃度をあげる働きをします。

このセロトニンの脳内濃度が下がると脳の興奮を抑えることが出来なくなり、
不安や恐怖を緩和させて問題行動を抑制させることができます。

デメリット

どんな薬でも絶対に大丈夫という薬は、基本的にありません。
精神安定剤を使用した場合、副作用の心配があります。
具体的な症状としては、嘔吐・下痢・痙攣や、食欲不振も見られます。

精神安定剤を使用するかは、飼い主の判断で決めることになると思います。
老犬の介護が、飼い主の負担となっている場合、精神的・身体的苦労は計り知れません。

老犬の体に支障が無い精神安定剤で、少しでも飼い主の負担を軽くすることが出来るものがあれば、精神安定剤の使用を考えてみることも必要ではないでしょうか?

これまでの楽しい生活を思い出すと、愛犬が高齢になることは、飼い主にとって大変悲しいことです。

しかし、最後まで愛犬の世話をすることが飼い主の責任でもあります。
どうか、老犬が安心して生活が出来る環境作りをしてあげて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA