老犬にフケが多く出る場合は免疫力低下が原因!その対処方法について

最近、飼い犬の毛に艶が無くなってきたと感じると同時に、大量のフケが出ていることに気づいたと言う経験をした飼い主は多いのではないでしょうか?

このフケは、人間と同じように皮脂の角質や老廃物であり、皮脂が乾燥状態になると落ちやすくなります。

老犬の場合、病気からフケが出る場合もありますので、注意が必要となります。
今回は、その老犬のフケについて考えてみたいと思います。

犬の皮膚はデリケート

人間の皮膚よりも犬の皮膚の方がデリケートのできているようで、角質が大変痛みやすく、
毛に艶がなくなったり、フケが出たりと言う事が起こりやすいです。

犬も年齢と共に老化し、被毛全体もその老化の影響で、変化してきます。
それは、甲状腺機能が低下して起こることが多く、デリケートである皮膚のうるおいを失くして行きます。

皮膚に潤いが無くなると言う事は、乾燥している状態が考えられますので、
大きめなフケがでやすくなります。

皮膚の病気や、ホルモンのバランスを崩していることから起るケースも多く、
定期的にシャンプーをして、ブラッシングなどボディケアをしていても、フケが出る場合、
何かしらの病気の場合が考えられます。

フケの種類によっても、病気の種類が違ってきますので、是非、フケを観察してみてください。

老犬のフケの種類とは?ベトベト?カサカサは脂漏症

脂漏症の場合、フケがベトベトやカサカサしてきます。
また、フケのみではなく、被毛自体もベトベトやカサカサになり、体臭も強くなってきます。

脂漏症の原因とは、甲状腺ホルモンや性ホルモンの分泌異常と言う事が考えられます。
脂肪分の不足もしくは摂り過ぎなどが考えられます。

食事で摂る脂肪分吸収しにくい脂肪分で有った場合や、食事の中に脂肪分自体が不足しているときにも起こります。

老犬の大量のフケ!かさぶたのようなフケに要注意!

ツメダニ性に感染していた場合、犬は痒みのため、しきりに体を掻きむしります。
そのため、皮膚がただれているケースも有ります。

老犬の毛をかき分けて、皮膚をじっくり見ると白いフケがかさぶたのように厚くなっていることがあります。

さらにより深く観察していると、その白いフケのかたまりが動いているのが見えます。
これは、フケを隠れ蓑にして、その下で動いているのが、本物のツメダニです。

じっと見ると分かるように、そのツメダニは一匹ではありません。
大量のツメダニが、フケを押し上げて動かしているのは、気持ちの良いものではありません。

このツメダニは、一緒に暮らしている飼い主にも感染するので用心が必要です。
老犬と一緒の布団などで眠っている場合、感染のリスクが高まります。

フケが出ている場合のシャンプーについて

フケが出るとシャンプーで清潔にしてあげたいと考える飼い主が多いことでしょう。
しかし、過剰なシャンプーはあまり良い結果を得られません。

フケが出ることは、老化が原因と考えられていますが、使用しているシャンプー剤が、
合っていない場合も考えられます。

必ず、犬専用の低刺激シャンプーを使用するようにしましょう。
シャンプー後は、必ず皮膚の状態を確認してみましょう。

被毛が乾燥している場合、犬用保湿スプレーなども売られていますので、使用してみるのことをオススメします。

胃腸機能も衰えている老犬はサプリメントが逆効果

老犬の健康状態を気にして、サプリメントを、愛犬に与えていると言う飼い主は非常に多いようです。

しかしながら、サプリメントの摂り過ぎは、却って健康状態を害するときがあります。
飼い主がバランスよく栄養を摂らせていることが、機能が低下している胃腸に負担を与えている場合があります。

サプリメントの種類を変えるなど、老犬に合ったものを与えたい場合、獣医に相談し、適切なアドバイスをもらう方が良いでしょう。

フケが病気の前兆かも?健康診断の必要性

フケが多く、シャンプーをしたり、保湿スプレーを使用したりと、工夫してきましたが、
フケの出具合に変化が無い場合、内臓疾患であったり、腫瘍が出来ている場合など、
皮膚に影響を及ぼしているのかもしれません。

解決策を講じても、フケが治まらない場合は、たかがフケでと病院などと躊躇せず、受診するべきです。

フケなどの皮膚のトラブルは、保湿とマッサージで血行促進してあげると良いでしょう。
くれぐれも、シャンプー剤のすすぎ残しが有力なフケの原因となります。

日頃のケアとして、毎日のブラッシングが効果的です。
長毛症の犬は、上の毛を捲りあげて、根元から梳かすようにしましょう。

ブラッシングをすることで、ノミ・ダニの原因となる抜け毛も取り除くことができますし、ホコリなども取り除けます。

老犬の場合、皮膚が弱っているため、あまりブラッシングによる刺激は必要ありません。
刺激により肌を傷つけてしまう恐れもあります。

獣毛ブラシなど、皮膚に優しいブラシを使用してあげましょう。

犬のフケの原因は様々です。
特に、老犬にとってフケは、健康を害している場合も考えられます。
くれぐれも早めの治療をしてあげる様にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA