老犬の苦しそうないびきは病気のサイン?いびきで可能性のある病気とは

犬がぐっすり眠っているのを見ていると、突然いびきを掻きだす時がありますね。
可愛い寝顔に不似合いな、グーグーガーガーと人間顔負けのいびきを掻く犬もいます。

そのいびきを掻く姿を見ている、とても可愛い寝姿で、思わず微笑んでしまいますが、
実は、いびきには正常ないびきと病気によるいびきがあります。

特に老犬が急にいびきを掻きだす時には、何か病気のサインかもしれませんので、
見逃すわけにはいきません。

今回は、そのいびきが出る原因やその対処方法についてご紹介したいと思います。

いびきを掻く原因とは?

犬がいびきを掻く仕組みは人間と同じです。
寝ている間に何らかの原因で、鼻やのどが狭くなり、呼吸をする場合に、
そこに引っ掛かり音が出ることが見受けられます。

そこで、いびきを掻きやすい原因をあげてみましょう。

肥満の犬の場合

太っていると、のどの周辺に脂肪が溜まり、のどが狭くなっているのが原因です。
そのため、いびきを掻くことがあります。

環境によるもの

家族がたばこを吸う環境でのいびきは、筋肉が弛緩して機能が狭くなっているところに、いびきを掻きます。

犬種によるもの

パグやシーズーのような鼻の短い犬は元々呼吸がしにくく、それが原因で、いびきを掻くことがあります。

特にいびきを掻きやすい犬種は短頭種と言われる犬種です。

鼻詰まりによるもの

鼻水などが溜まっていると空気の通り道が塞がれて、いびきの原因になります。
鼻水の原因がアレルギーの場合は、お部屋の空気を綺麗にしてあげたり、
犬の寝床を定期的に掃除をすることをオススメします。

病気が原因でいびきを掻くケースとは

病気によるいびきは最も怖いもので、気管や鼻、のどに異常が起きることにより、いびきを掻くことが起こります。

では、いびきの原因が病気の場合について考えてみましょう。

気管虚脱

気管虚脱は、呼吸の通り道である気管の形が正常でないことから、起こります。
特に老犬に多く見られ、完治はむずかしいと考えられています。

軟口蓋過長症

軟口蓋過長症は、口の上あごから鼻に向かって伸びる硬口蓋と言う部分が長くなって、呼吸がしにくくなる病気です。
呼吸がしにくい為、いびきを掻くことがあります。

心臓病

心臓病の場合、じつはいびきを掻ているのではありません。いびきに似た音が発生していると考えましょう。

特に最もかかりやすい心臓病は心臓肥大ですが、食生活が原因の場合が多く、
犬がいびきとともに咳をする場合は、この心臓肥大を疑う必要があります。

心臓肥大は、治療も困難で他の病気も誘発することがあります。
予防法は、高たんぱく、高脂肪、塩分の高い食べ物は与えないようにしましょう。

また、適度な運動とストレスを溜めこまないようにしてあげましょう。

鼻腔の腫瘍

鼻腔に腫瘍が出来ている場合、気道をふさぎいびきを掻くことがあります。
犬の鼻腔に腫瘍ができるのは、まれなことですが、多くの場合悪性であることが多く、手術が困難な場所なので、手術は不可能だと考えましょう。

この鼻腔の腫瘍ができやすい犬種は、シェルティやコリーなどの鼻が長い長頭種です。
いびきの他に鼻に何かが詰まったような呼吸をしたり、鼻水が出たり、鼻血が出る場合もあります。

また、顔の腫れが目立つようにもなります。
治療法は、抗がん剤投与もしくは放射線治療をします。

老いたことによるもの

高齢になると筋肉が衰えて気管を圧迫することがあります。
ある日突然、いびきを掻きだした老犬の場合、速やかに病院を受診しましょう。

いびきを掻く環境から掻かない環境に

犬がいびきを掻く原因が病気でない場合、どのようなことが考えられるでしょう。
その対処法を考えてみましょう。

体勢を変えてあげよう

犬は寝方によっていびきを掻く場合があります。
そっと体制を変えてあげるだけで、いびきを止めることが出来ます。

適度な運動は必要!

肥満はいびきの原因なることが多く、他の病気にもなりやすいので、
いつもより長い散歩や、たっぷりの運動をすることで、体重減少をさせましょう。

お家の空気を換えよう!

犬などの動物を室内で飼う場合には、クリーンな空気が必要です。
特にご家族にたばこを吸う人がいる場合は、気を付けましょう。

病院連れて行くべき!いびきの見分け方

老犬がいびきを掻きだした原因が分かれば、環境を整えてあげることが出来ます。
放置していても心配のないいびきと、病気を心配しなければいけないいびきの見分け方を考えてみましょう。

  • 突然いびきを掻き始めた
  • いびきが徐々にひどくなりつつある。
  • 毎日、慢性的にいびきを掻く。
  • いびきを掻きながら息苦しそう
  • 非常に大きいいびきを掻く
  • 老犬がいびきを掻いている

もし、この様な症状が見られたら、一度病院の診察を受けてみましょう。

またいびきの最中に、一瞬息が詰まるような無呼吸の状態になる場合は、
全身の酸素が不足してしまう状態になります。

いびきを掻く犬は多くいますが、老犬になってからのいびきは要注意です。

犬のいびきの原因はさまざまですが、気になるいびきの場合、
早めに病院を受診することで、軽症で済むようにしてあげましょう。

もしもの時のための対策を

高齢になってくると犬も様々な体の不調や病気のリスクが高くなります。
今回ご紹介したほかにも、身体の変化は愛犬の健康のバロメーター。
日頃からしっかりとチェックしましょう。

チェックする症状の例としては、よだれや嘔吐、うんちの状態などがあげられます。
(参考:http://xn--n8j6de3jol4azj847yn21h.com/)
事前に飼い主さんが予備知識を蓄えておけば、直ぐに察知できるようになり、
病気の早期改善や手遅れになるリスクが低下しますので、是非覚えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA