老犬の鼻血・鼻づまり・鼻水には要注意!症状別の原因と治療法

じつは、犬は鼻水を垂らすことはめったにありません。

人間は風邪を引いた時に鼻水が出たり、くしゃみをしたりしますが、

人間にとっては、それくらいは比較的、軽症の症状ですね。

しかし犬の場合、鼻水を垂らしているのを見つけたら、何かの病気やアレルギーを疑う必要があります。

 

また鼻づまりを起こしていたり、鼻血を出している場合も、

何か疾患がある場合が考えられます。

特に老犬の場合、いつも湿らせておく鼻の分泌腺が上手く機能せずに、鼻が乾燥していることが多いです。

今回は犬の鼻に関する症状別の原因と治療法について、詳しくご紹介したいと思います。

 

犬が鼻水を垂らす原因とは

犬が鼻水を垂らしている場合、アレルギー性鼻炎の場合があります。

人間と同じように、アレルギー性鼻炎の場合、鼻水の色が透明であることが多く、

犬が透明の鼻水を垂らしていれば、アレルギー性鼻炎だと考えましょう。

 

鼻炎の原因は個体によって違いますが、

ダニやハウスダスト、カビ―などのアレルギーの場合や、植物の花粉の場合もあります。

または、鼻の中のできものや腫瘍、歯周病などの病気の場合があります。

早めに動物病院を受診しましょう。

 

もし、鼻水を出している犬を、

そのまま放置すれば鼻の奥に膿が溜まり副鼻腔炎と言う病気になります。

もし犬が黄色いドロッとした鼻水を出しているようであれば、

かなり悪化してきていると考えましょう。

この副鼻腔炎の場合、鼻の奥の副鼻腔と言う空洞に炎症が広がり、

蓄膿症や鼻の腫れ、鼻づまりなどを引き起こします。

 

また歯周病が原因の場合、歯周病が悪化すると鼻まで炎症を引き起こすことになります。

高齢になると歯周病は4頭に1頭といわれていますので、注意です。

その他、歯槽膿漏でも、歯茎から菌が入り、鼻にまで影響するケースも有ります。

鼻水がアレルギー性鼻炎の場合、アレルゲンの特定を行わないと、薬の処方が難しく

動物病院でアレルギーの原因を特定してもらう必要があります。

 

犬が栄養不足や免疫力が低下している場合には、

アレルギー症状が出やすくなり、鼻炎にかかりやすくなります。

特に高齢犬は免疫力が低下しているので注意が必要です。

日頃から、歯のケアをしたり、顔周りをきれいにするどを行っていると、

犬の変化に早く気づくことができます。

犬の鼻詰まりで考えられる病気とは

犬が激しい鼻詰まりを起こしている場合、鼻の粘膜の炎症が多いです。

特に花粉症の犬の場合、この鼻詰まりの症状が、特にひどい場合があります。

その他の鼻詰まりの原因としては、異物が鼻の穴に入ったために炎症を起こし、

鼻詰まりを引き起こしている場合があります。

 

また、老犬が鼻詰まりを起こしている場合が、鼻が乾燥している場合が多いです。

できれば、加湿器で部屋の乾燥を除去することをおススメします。

老犬の鼻が詰まっている場合、大変苦しそうな呼吸をします。

そのため、口で呼吸をしますが、つらそうに見えます。

呼吸が苦しいようであれば早急に治療を行いましょう。

 

鼻の中に腫瘍などが出来て、鼻詰まりが起こっている場合、

手術で除去すれば、直りが早いのですが、

老犬の場合に、その腫瘍を取り除く手術に耐えられるのかが心配です。

鼻水が出る重大な病気とは

ケンネルコフ(伝染性気管支炎)

ケンネルコフになる原因は、いまだに解消できていません、

他の犬からの飛沫感染が主な原因です。

免疫力が無い子犬や、体力のない老犬がかかりやすいので、

注意深く観察するようにしましょう。

ジフテンバー

ジフテンバーには有効な治療が見つかっていません。

1歳未満で予防接種をしている場合が多く、ワクチン接種はジフテンバーに有効ですので、

定期的に予防接種をするようにしてください。

犬の鼻血で考えられる病気は?鼻血が出た場合の対処法

犬が鼻から血を出している場合、色々な原因が考えられます。

例えば、鼻の中の傷による鼻血は、病気などの心配は無く、鼻の中の粘膜が傷つけられての出血の場合多いです。

また何かに鼻をぶつけて、鼻の骨が折れているばあいがあります。

突然大量の出血が起こりますので、注意が必要です。

この場合安静にしておくことが大切です。

その他、犬の鼻血には複数の原因が考えられます。

鼻腔を鼻血で遮断して息苦しい様子はありませんか?

犬が鼻を気にして、足などでしきりに鼻を擦りつけたり、鼻周辺を触られるのをいやがるそぶりを見せていませんか?

そのような様子を見せている場合、犬がかなり動揺しているので、まずは安静させて、動物病院へ連れて行くようにしましょう。

鼻血を軽視して、重病を見逃さないようにしなければいけません。

 

特に、血小板の異常による鼻血の場合、入院治療が必要な場合もありますので、

早急に治療を始める必要があります。

大きな病気での鼻血でないと診断された場合、

日々の予防方法としては、ビタミン補給とストレスの軽減です。

手作りのフードで健康管理をするなど、犬の健康に関心を持ち、しっかりとチェックすることで、

鼻水・鼻詰まり・鼻血などから見られる、病気の早期発見につながります。

犬が鼻水や鼻血を出したときは、人間より深刻な場合が有ります。

普段と違う様子を見せた場合には、すぐに動物病院で相談するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA