血尿や血便から考えられる老犬の病気と治療法

ある日突然、愛犬のおしっこや便に血が混ざっていたら、飼い主の方は、
驚いて不安になってしまいますね。

しかし、愛犬が高齢になり、老犬になっていけば、体が不調になったり、
食が細くなったり、すこしずつ老化現象は進んでいきます。

その上、病気にもかかりやすくなることを、しっかりと把握しておく必要があります。
血尿や、血便が出た場合に考えられる病気とその治療法について、
正しい知識を持っておくようにしましょう。

血便の基礎知識

血便と言っても、緊急を要するような病気の場合と、心配しなくても良いものとがあり、
どこでそれを見分けるのかですが、血便を見つけたら、まずは焦らず観察してみましょう。

血便の観察方法

便に血が混じっている場合

便に血が混ざっている場合、消化された食べ物が、まだ固形の状態のときに通過した器官のなかで出血していると考えることができます。
その器官とは、小腸や大腸の前半部分と考えられます。

黒っぽい血の場合

血便の血の色が黒っぽい場合、胃や小腸で消化液の影響を受けていると考えられます。
黒くタール状の便が出ている場合は、かなり深刻だと考えましょう。

便のまわりに真っ赤な鮮血が付いている場合

便のまわりに血が付いている場合、便が固形になってから付いたものと考えられます。
大腸の後半部分や肛門で付着していると考えられます。

肛門のまわりに炎症を起こしているのか、腫瘍がある場合も考えられます。
このように、血便が出たと言っても、さまざまな理由があります。

血便が出た場所ごとの病気の種類

肛門周りに出血がある場合

肛門嚢の炎症や腫瘍などが考えられます。
骨盤内の腫瘍の可能性も有り、便が水分不足で硬い場合も粘膜が傷つけられて、
血便となる場合があります。

大腸からの出血による血便の場合

大腸からの出血は、色々な可能性が考えられます。
大腸にできた腫瘍が原因の場合や、異物を誤飲した場合における胃腸などに傷が出来ている。

その他、寄生虫や食中毒、腸閉塞などの病気が考えられます。

胃からの出血で血便が出る場合

胃から出血の場合は、胃潰瘍や胃がんの可能性があります。

血便が出た場合の注意点

血便が出ている場合気を付けたいのが、二次感染です。
特に多頭飼いの場合、他の犬に感染したら大変なことになります。

また、人間にもうつる病気がありますので、便は必ず手袋などを使用して処理をしましょう。

血便が出た場合、できれば病院に便を持参することが望ましいのですが、
お散歩時に便をする犬の場合、便を持参するようにしてください。

その場合、透明や黒いビニール袋ではなく、白いビニール袋が最適です。
その理由は、血便が発見しやすいことです。

真っ赤な鮮血の血便であれば、見つけやすいのですが、黒い血が混じっている場合、
分かりづらく、血便に気づくことが遅れます。

症状が深刻な場合も有りますので、是非愛犬の便に、充分に関心を持って頂き、早期発見早期治療が出来るようにしましょう。

犬に血尿が出た場合の病気とその治療法

いつも愛犬が使用する、トイレのペットシーツが真っ赤に血に染まっていたら、
飼い主はびっくりしてしまいますね。

血尿の原因は多数ありますので、血尿を発見したら、早めに治療を受けるようにしましょう、

血尿が出る病気

血尿で疑われる病気

膀胱炎

膀胱炎は人間でもかかる人が多い病気ですが、尿道から細菌が入り、炎症を起こして血尿が出ます。

膀胱炎はトイレを我慢すると言った環境が良くありません。
予防法は、ペットシーツをいつも清潔にしておくこと。
散歩でおしっこをする犬の場合、散歩の回数が少なくなると、おしっこを我慢する時間が長くなります。新鮮な水をたくさん飲めるようにしてあげてください。

膀胱腫瘍

膀胱腫瘍とは、老犬に起る膀胱がんのことです。
あまり目立った症状が無いため、発見が遅れがちな病気です。
老犬になれば、定期的な健康診断を受ける様にして、早期に発見しましょう。

前立腺疾患

加齢により前立腺疾患にかかりやすくなります。
男性ホルモンのバランスが崩れ、炎症を起こし血尿が出ます。
去勢手術を行っていると、この前立腺疾患にはかかりにくく有り難いことですね。

尿路結石

腎臓や膀胱で、尿の成分が結晶化し結石になります。
結石は尿路に留まってしまい、おしっこをする場合、結石が傷をつけて、
出血します。

尿路結石は、尿道の長いオスがなりやすいです。

玉ねぎ中毒

ネギや玉ねぎは、犬には絶対与えないでください。
もし、食べてしまったら、急ぎ病院へ行きましょう。

ネギや玉ねぎと一緒に調理した食べ物も与えないでください。

中毒化するかは、その犬の個体にもよります。
しかしながら、食べさせないことがベストな方法です。

血尿の治療方法とは

血尿が出た場合、その原因となる病気によっても対処法が違います。
飼い主の判断ではなく、是非病院を受診するようにしましょう。

飼い主が出来ることは、水分を飲ませてあげることと、お散歩などの運動です。
もしも、水が飲めない場合、ペットフードを水でふやかして食べさせるようにすると良いでしょう。

血便や血尿が出ると言う事は、体のどこかが病気になっているサインです。
どちらも軽くみないようにしてください。

早期発見、早期治療が何より必要です。
そして、充分な治療と、愛情や言葉がけをしてあげることです、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA