万が一に犬が病気やケガをした時のために備えることとは?

貴方は大事な愛犬が病気やケガをした時のために、何か備えていることはあるでしょうか?いつ病気やケガをするか分かりませんし、いつまでも病気やケガをしないわけではありません。

突然の病気やケガを負った時に対応できないようであれば、元も子もないでしょう。大事な愛犬のためにも、様々な備えが必要になります。それでは、万が一犬が病気やケガをした時のために備えることについてご説明しましょう。

【万が一のことが起こった時のために備えておきたいこと】

何らかの理由によって大事な愛犬が病気やケガをしてしまった場合、最初に対処しなければならないのは飼い主の役目です。とっさの判断が犬の生死を分ける以上、何も備えていない状態はあってはなりません。

いつでも応急処置などができるように、様々な備えを怠らないようにする必要性があります。それでは、犬が病気やケガをした時のために備えることについてご説明しましょう。

○愛犬用の救急セットを用意する

もし犬が病気やケガをした時に対処できるように、犬用の救急セットを用意するのが得策です。救急セットを用意する際に必要な医療用具は、以下の通りです。

・消毒薬
・包帯、カット綿、綿棒、ガーゼ
・ハサミ、ピンセット、テープ、手袋
・体温計
・犬用の薬

消毒薬は応急処置をするための器具や傷口を消毒するために使用します。ただし、犬にとって傷口がしみるような薬は嫌がってしまうので、一般的な消毒薬を使用するのは止めましょう。

消毒薬にはペットでも使用できるように刺激が弱いものが販売されているので、低刺激の消毒薬を購入しておくのがおすすめです。包帯やカット綿などのものは、傷口の止血や固定に使用します。

わざわざ購入しなくても飼い主が使っているようなものでも問題ありませんが、その場合だと衛生面が不安になります。人間なら問題なくても、犬にとっては多少なりとも細菌が付着する可能性があるでしょう。

やはりここは飼い主が使っているものではなく、犬用に別々に購入するのが得策です。綿棒は耳や口の中に薬を塗るのに役立ちます。また、犬は全身が毛で覆われているので、粘着性が弱い包帯だと簡単に剥がれてしまいます。きちんと傷口をガーゼなどで固定するためには、粘着性がある包帯を用意しましょう。

ハサミやピンセットなどの器具も、先ほどと同様に飼い主とは別々に用意するのがおすすめです。ハサミは傷口の周辺の毛をカットするのに使用し、ピンセットは傷口に刺さったトゲを抜いたり、傷口の周辺のゴミなどを取り除いたり、ガーゼやカット綿を挟んで使用したりと様々な用途があります。

一方で手袋は飼い主の手を守るために使用します。犬の応急処置をしている最中に暴れて手に噛みつく可能性があるので、軍手が必要です。また、傷口から細菌が飼い主の手に付着して二次感染を起こす恐れがあります。それを防ぐためにも、ビニール手袋を用意して応急処置にあたりましょう。

また、ペット用の薬は傷口に塗布するものや病気の治療薬など様々な種類があります。動物病院で処方された薬やフィラリアの常備薬など多くの種類があるので、人間の薬と混ざらないようにしっかりと分けておきましょう。

間違っても人間用の薬を犬に飲ませないでください。人間に処方される薬は人間が飲むために調整されているので、犬にとっては刺激が強すぎて毒になる可能性があります。犬は傷口を舐めるクセがあるため、子ども用の軽い薬であっても犬が傷口を舐めたことによって体内に入り、様々な異常を起こす恐れがあるでしょう。

○かかりつけの動物病院を探しておく

犬の応急処置が終わった時や、突然の病気やケガに対処するためには動物病院に駆け込むより他にありません。かかりつけの動物病院を見つけておかないと、獣医師も犬の体質や病気、ケガの治療法などを確立させるのに時間がかかってしまいます。

近所に動物病院をかかりつけ医にするのも良いですが、動物病院は他にも多くあるので通いやすさを含め、本当に信頼できる動物病院なのか調べる必要性があるでしょう。かかりつけの動物病院を見つけておくと、犬の体質や病歴などを把握した上で診療してくれるため、早めの治療を行うことができます。

そのためにも信頼できる動物病院を見つけることが重要ですが、信頼できる動物病院のポイントは『病院内の清潔さが保たれているか』『丁寧で分かりやすい説明をしてくれるか』『こちらの質問に快く答えてくれるか』『動物に対する扱いが良いか』どうかです。

飼い主にとっては病気やケガについて分からないことが多く、どのように予防していけばいいのか、早く病気やケガを治すにはどうすればいいかが知りたいでしょう。そんな時に重要なことを省いたような説明であったり、愛犬を粗雑に扱うような動物病院は言語道断です。

また、病院内が汚く見える場合もNGです。犬は人間よりも敏感なので、病院内が不衛生だと傷口から細菌が入ってしまったり、病状が悪化する恐れがあるでしょう。その点で言えば常に清潔さが保たれている動物病院は、動物のために徹底していると言えます。

様々な動物病院を回って、本当に信頼できる動物病院か見極めましょう。

○ペット保険に加入する

犬の生涯の医療費は100万円を超えているとされており、年々治療費が上がってきています。病気やケガをした際に思いもよらない高額な治療費を支払うことになると、経済的にも負担が大きいでしょう。

そんな時に役立つのが、ペット保険です。ペット保険は治療費が高額になった時に様々な保障が受けられるものであり、負担を少しでも軽くした人にとって嬉しい保険になります。

保険と一言で言っても様々な会社がペット保険を提供しており、その都度保障内容も大きく違います。保険料や保障内容の違いを見極めて、どの保険が自分の愛犬に合っているか比較する必要性があるでしょう。

【まとめ】

自分の大事な愛犬が病気やケガをしない保証はどこにもないので、万が一の時のために様々な備えが必要になるでしょう。救急セットを用意するのはもちろん、信頼できる動物病院を見つけておくことも、大事な愛犬のために必要なことです。

何か起きてから行動するのでは遅いので、十分な備えを用意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA